株式会社 Bliss

日野市、八王子市、多摩市の外装リフォーム専門店はBliss

外壁塗装時の色の選び方は?

422 views

外壁塗装時に注意したいのは「色の選び方」です。

単純に気に入ったカラーを選ぶのも悪くありませんが、汚れが目立ちにくいなどの明確な目的を持った色選びをおすすめします。

こちらでは、人気のあるカラーの紹介をしましょう。

・グレー系、クリーム系が人気

汚れが目立ちにくい壁にするためには、汚れの色と同系色にする必要があります。

土埃、砂などは薄茶色、黄土色、薄緑色なのでグレー系やクリーム系のカラーにすることで目立ちを抑えることができるのです。

逆に落ち着いた雰囲気に見える「黒」や「白」は汚れが目立ちやすい傾向があります。

白が目立つのは分かっている人も多いでしょうが、意外と黒も目立ちやすいことを知らない人もいます。

濃い汚れであれば、黒でもカバーできるのですが土埃や砂などは中間色になるため、汚れ自体の色を際立たせてしまうのです。

他にもはっきりとした色は色あせしやすい傾向にありますが、グレー系、クリーム系の色は色あせしにくいのです。

まったく色あせしないわけではありませんが、本来が落ち着いた色合いなので目立ちにくいのです。

少しでも汚れが目立たないように、色選びの工夫はしっかり行ってください。

・色選びはサンプルを確認して決めよう

外壁塗装のカラーを決める際は色の見本帳を見せてもらうことができます。

見本を見る上で気をつけたいのが、光によって色の見え方が変わってくるということです。

そのため、1ヵ所でのみ見本を確認していると実際の外壁に当たる光源によってまったく違うカラーに見えてしまうこともあります。

そのため、見本帳は外壁塗装をするすべての場所で確認することをおすすめします。

意外と多い失敗として、外壁の色なのに室内でのみ確認してしまい、思っていたようなカラーにならなかったと後悔するケースです。

さすがに「思っていた色と違うから」という理由でやり直しをするには費用の負担が大きくなりすぎます。

後悔しないように、サンプルチェックはしっかりしておきましょう。

当社はお客様がどのような外壁塗装を求めているかをお聞きします。

これは「しなければ良かった」とお客様が思わないようにするためです。

そのため、要望などがありましたら積極的にスタッフまでお知らせください。

カラーについても、目立ちにくいかなどの質問がありましたらどんどんお聞かせください。

当社スタッフがしっかりと説明させて頂きます。

日野市、八王子、多摩市地域密着の外装リフォーム専門店です!

無料診断実施中!
外壁や屋根の塗り替え、防水工事なら、Blissまでお問い合わせ下さい!

0120-14-1116

メールフォームはこちら